So-net無料ブログ作成

最近の調子 [テニス]

 テニスは変わらず続けていて、スクールへも通い続けている。
 ストロークではようやくフラット打ち一辺倒から脱して、ワイパースイングもどきでスピンを掛けて打てるようになった。バックハンドのスピンの掛かりは甘いけれど、以前よりもずっと安定して打てている。
 草テニスの大会でメンバーが足りないときにお呼びがかかるようになった。団体戦でも当てにされるようになった。
 嬉しくてますますうまくなりたいと思う。

強いとうまい [テニス]

 テニス談義をしているとよく出る話題が強いと上手いの違い。
 最終的には強くて上手いとなるのだろうけど、そこへ至る前にはどちらのプレイヤーを目指して練習していくのか。
 スクールの中級レベルにはフォームはきれいじゃないけれど、とにかく試合には強い人と、フォームはきれいだけれど、試合にはあまり勝てない人がいる。コーチによっては前者でも構わないという人もいるし、後々の伸びを考えれば後者を目指すべきだと言う人もいる。前者を目指して試合をこなしているうちに強い人たちにもまれてフォームが洗練されていく場合もあるし、後者を目指して試合を避けていたのに実はやってみたら強くなっていたという場合もある。
 僕は、憧れがどちらにあるか、どちらを目指すとテニスが続くかで選ぶのが良いと思う。

ダブルスの面白さ [テニス]

 ダブルスの面白さに目覚めた。
 個々の実力的には明らかに上の相手に対しても、ペアと戦術を練ることで釣り合った試合に持ち込めることができるようになった。どうやって自分たちの得意な場面を作り出すかに頭を使うことがパズルのようで楽しい。ストロークの打ち合いで負けてもネットプレイに出られれば勝てるのがダブルスだ。
 シングルスの自由と気楽さも良いけれど、ペアと息を合わせて戦うダブルスもまた良い。

スタンス [テニス]

 ストロークがさらに安定してきた。ラケットのどのポイントでボールを捕らえるべきかというイメージも固まりつつある。今はこれを乱さないように80%の力で打つ時期だと思う。
 ボールを待つときのスタンスを、もう少し広げるともっと良くなるような気がする。スタンスを広げた結果として、自然に腰が落ちるのが正解だろうか。次の大会も近い。納得のいくプレーができると良いな。


ストロークを磨く [テニス]

 コートではもちろん、壁打ちなどでも地道にストロークの練習を重ねている。少しずつ安定してきたように思う。
 以前はラケットを下から出すためにとにかく膝を落とすイメージで振っていたけれど、最近それではまずいことに気が付いた。スポーツでよく言われる「腰を落とせ」が実際にはそう単純なものではなく、場合によっては僕がやっていたような間違った腰の落とし方からおかしなフォームを身に付けてしまうことも多いと知った。「腰を落とす」=「低い姿勢」では必ずしもなく、高い打点でストロークを打ちたければ適度に伸び上がったまま叩く必要がある。
 ただしこれも道具とプレースタイルの進歩や流行によって常識は全く違ってきて、異なる常識を混ぜて学ぶと矛盾する点に悩むことになるので、教えてもらったことの取捨選択がとても重要だと感じた。奥が深い。
 ちなみに「腰を落とせ」と同様、「脇を絞めろ」も加減の難しい言葉だ。


市民テニス大会春季シングルス [テニス]

2007年の春の大会に参加した。
結果は2回戦負け。1回戦は6-1で勝ち、これはいけるかなと思ったけれど、2回戦の相手は太刀打ちできる相手ではなく、0-6の完敗。その相手がブロック決勝を始めたところまで大会の様子を見て帰ってきた。
サーブをしっかり入れ、ストロークをつなげて試合を作ることはできるようになった。でも強く確実に打ち込めるだけの技術の無いことが、次の段階への大きな差になっている。3回戦以降まで進む人たちは、これというプレイスタイルをベースにゲームを組み立て、チャンスが来たときには強く打ち込んでいける。僕は今のところスライスと逆クロスへコースを狙って流すストロークが主体で、自分から点を取りに行くために、あともう一手が必要だ。
また次の大会までの半年、今度はストロークのレベルアップを課題に練習しよう。


近況 [テニス]

しばらく放置していたこのblogだけれど、読み返してみたら面白かったので、自分のためにもまた少しずつ書いてみることにしよう。
テニスに関しては、ここ半年の練習でかなり上達したと思う。
サーブはフラット一本やりを卒業して、スライスを混ぜるようになった。特に試合の始めは感覚をつかむためにスライスから入るようにして、徐々に回転よりもスピードに比重を移していって、感覚をつかめたらフラットを効果的に打つように心がけている。サーブにほとんど心配がなくなったことでストロークに集中できるようになったのが嬉しい。
スクールで同じ時間のレッスンを受けている人たちと、週末にもコートを借りて練習するようになったので、今は週に①スクール②地域サークル③同レッスン生練習会と大体3回の練習日がある。室外コートでの練習が増えて、室内、室外を問わず戦術を練られる程度のレベルで打てるようになったと思う。自分のフォームをビデオ撮影して反省するようなこともしている。これは効果的だった。
春にはまた市内の大会に出るので、そこでは是非勝ちたい。


室内と室外 [テニス]

今日はフットワークを中心とした練習だった。イメージは大分掴めてきている。
ここ最近のスクールとサークルの練習を通して、室内のコートと室外のコートでの違いの大きさが良く分かってきた。室外では太陽のまぶしさや日によって違うコートの硬さを考えなくてはいけない。一番大きな違いはやはり空気の動きで、ほんの少しの風でフラット系のボールの伸びは大きく違う。いつも同じようにプレイするのではなくて、その日のコンディションによって心がけることが変わってくる。サークルのベテランの人たちはその辺のコツの掴み方がうまくて、条件をうまく利用している。奥が深いなあと思う。


市大会 [テニス]

シングルの大会に出場した。風がとても強かったけれど、晴れてよかった。初めてのオムニコートだった。

結果は1-6で一回戦負け。相手は40歳くらいのおじさんで、打ち込むよりもつないでくるようなプレイスタイルだった。サーブが入らずに自滅する試合をしてしまったのが残念だった。ボールが伸びすぎてフォルトになっていたので、サービスラインから一歩後ろに下がって打つようにした後半から入るようになったけれど遅すぎた。試合後、「すごいサーブを打つね、入ればだけど」と言われた。まさにその通り。
初めての試合では練習の半分も力が出せないと聞いていた。確かに練習のような積極性を持ち続けるためには相当のエネルギーが要る。遅いボールを待つために動きを止めてしまうと、力が抜けていく感覚があった。
負け審判を務めてから、しばらく他の人たちの試合を観戦した。ランク的には初心者向けの大会のはずだけれど、スクールでいえば中級者以上の人が多く、見ていて楽しかった。この上のランクの大会を観戦してもおもしろそうだ。
次に出場するときにはせめて一つ勝って、もう少し長く試合を楽しみたい。


ゲームの楽しさ [テニス]

今日はサービスリターンを中心とした練習だった。
ゲームの楽しさと言うのは駆け引きにあると思う。それを楽しめるようになるためにはある程度の技術が備わっていないといけない。またその駆け引きに入るためには、まずサーバー側はサーブを入れ、レシーバー側はサービスをきっちり返すことが必要になる。この最初のプレイが得意になると、次のことを考える余裕が出てくると思う。
サービスリターンではスプリットステップで少し前へ出て、低い姿勢のまま大きく一歩目を踏み出すように習った。それから振り遅れないようになるべく前でコンパクトに打つことを心がけた。
全体的に調子の良い日だった。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。