So-net無料ブログ作成

強いとうまい [テニス]

 テニス談義をしているとよく出る話題が強いと上手いの違い。
 最終的には強くて上手いとなるのだろうけど、そこへ至る前にはどちらのプレイヤーを目指して練習していくのか。
 スクールの中級レベルにはフォームはきれいじゃないけれど、とにかく試合には強い人と、フォームはきれいだけれど、試合にはあまり勝てない人がいる。コーチによっては前者でも構わないという人もいるし、後々の伸びを考えれば後者を目指すべきだと言う人もいる。前者を目指して試合をこなしているうちに強い人たちにもまれてフォームが洗練されていく場合もあるし、後者を目指して試合を避けていたのに実はやってみたら強くなっていたという場合もある。
 僕は、憧れがどちらにあるか、どちらを目指すとテニスが続くかで選ぶのが良いと思う。
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

uni

ひさびさに見たら更新されていた。
(もっとがんばりましょう)

「うまい」と「つよい」の違いはどのスポーツでもあるよね。
剣道やってたとき、有段者は強いんじゃなくて上手いんだって話もよくしたし。

ベストキッドの訓練法とかは後者になるんですかね?
by uni (2009-03-13 11:56) 

Dai

 日本の国技的な「~道」と名の付くものは、まず上手いを目指すんだろうね。ベストキッドと聞くとデンデン太鼓を思い出します。

 あまり更新する内容もなくてねー。
by Dai (2009-03-13 16:24) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。