So-net無料ブログ作成

ストロークを磨く [テニス]

 コートではもちろん、壁打ちなどでも地道にストロークの練習を重ねている。少しずつ安定してきたように思う。
 以前はラケットを下から出すためにとにかく膝を落とすイメージで振っていたけれど、最近それではまずいことに気が付いた。スポーツでよく言われる「腰を落とせ」が実際にはそう単純なものではなく、場合によっては僕がやっていたような間違った腰の落とし方からおかしなフォームを身に付けてしまうことも多いと知った。「腰を落とす」=「低い姿勢」では必ずしもなく、高い打点でストロークを打ちたければ適度に伸び上がったまま叩く必要がある。
 ただしこれも道具とプレースタイルの進歩や流行によって常識は全く違ってきて、異なる常識を混ぜて学ぶと矛盾する点に悩むことになるので、教えてもらったことの取捨選択がとても重要だと感じた。奥が深い。
 ちなみに「腰を落とせ」と同様、「脇を絞めろ」も加減の難しい言葉だ。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。